時色・巴里イベントの本集め

・それでも住みたいフランス
c0212929_18153343.jpg

著者 飛幡祐規

18歳でろくな知識ももたずにその懐に飛び込んでから、奥深い社会と
文化の味わいに触れるまでには、ずいぶん時間がかかった。
12年ほどでやっと、政治図の輪郭が見えてきた。
20年たって子どもできたおかげで、教育の実態が肌で感じられるようになった。
30年近く過ぎてフランス語の歌詞や詩が心に響くようになって、
ようやく歴史や文学をおもしろく読めるようになった。
まるで成長の遅い子どものようだが、スランスというのは探ればどこまでも深みのある相手なのだ。
                                                   (まえがきより)


・パリの橋 32Ponts de Paris
c0212929_18235950.jpg

著者 北嶋廣敏

パリの歴史の目撃者
「ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ……」
アポリネールの誌のように
パリの橋はつねに人びとの生活とともにあった。
セーヌ河に架かる32の橋それぞれが秘める歴史ドラマによって
浮き彫りにしたもう一つの都市物語

時色・巴里イベントでお読みください

巴里・パリ・ぱり・Paris

時 色 案 内 人 / つ か だ よ し ひ ろ

http://www.ac.auone-net.jp/~tokiiro/

[PR]
by tokiiro201 | 2010-03-26 18:27 | 2010年


暮らしのデザイン室と時色library


by tokiiro201

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

メモ帳

ライフログ

暮し


検索

最新の記事

明日は引っ越し
at 2015-07-11 08:17
7月より
at 2015-07-04 08:24
時色閉店のお知らせ
at 2015-06-22 00:23
時色予約販売
at 2015-06-20 22:17
時色 予約販売 最終週
at 2015-06-18 09:46

ファン

ブログジャンル

画像一覧