大好きな建築家

アントニ・ガウディ(:Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet,)

1852年6月25日 - 1926年6月10日

スペイン、カタルーニャ出身の建築家

19世紀から20世紀にかけてモデルニスモ(アール・ヌーヴォー)期の

スペイン、バルセロナを中心に活動した

サグラダ・ファミリアをはじめとしたその作品はアントニ・ガウディの作品群として

ユネスコの世界遺産に登録されている

c0212929_14155477.jpg


c0212929_14174084.jpg

「カサ・ミラ」 1905-1910

この住宅がインテリアデザインのはじまりだった

まだ少年だった頃

テレビでこの建物を見たとき

何もわからず心が引き寄せられた

今まで目にしたことのない造形

これが住宅であることすら理解できなかった

でも空想少年の空想がより広がるきっかけではあった

その時から十数年後、バルセロナのカサ・ミラの中に僕は居た

遠い記憶と現実との違いはまったくなく

少年の頃の澄んだまなざしで隅々まで見た

ガウディの先生は「自然」であり

自身が生まれ育った土地、風土、気候を

余すところなく吸収し建築、インテリアにおいての造形表現を

死ぬまで追求し続けたひとである
c0212929_1437535.jpg

「カサ・バトリョ」 1904-1906


フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright、)

1867年6月8日 - 1959年4月9日

アメリカの建築家。

アメリカ大陸で多くの建築作品があり、日本にもいくつか作品を残している

ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる

(ヴァルター・グロピウスを加え四大巨匠とみなす事もある)。

c0212929_14485668.jpg


c0212929_15124670.jpg


c0212929_15132537.jpg


関西なら

山邑邸 (現 ヨドコウ迎賓館、兵庫県芦屋市、国の重要文化財、1924年)

竣工は1924年(大正13年)で、芦屋市街を一望できる高台に建っている

1947年から淀川製鋼所が所有し、社長公邸や独身寮などとして使われた

ライトが設計した建築物としては日本に完全な形で現存する唯一の作品で

その価値の高さから1974年、大正時代以降の建造物として初めて

かつ鉄筋コンクリート建造物としても初めて国の重要文化財に指定された

1989年から淀川製鋼所迎賓館(ヨドコウ迎賓館)として一般公開されている

ご紹介の本はお客さまの一級建築士の先生から寄贈していただきました

すごくうれしいです

貴重な書籍を時色でごらんくださいね

時 色 案 内 人 / つ か だ よ し ひ ろ

http://www.ac.auone-net.jp/~tokiiro/

[PR]
by tokiiro201 | 2011-03-11 15:23 | Book


暮らしのデザイン室と時色library


by tokiiro201

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

メモ帳

ライフログ

暮し


検索

最新の記事

明日は引っ越し
at 2015-07-11 08:17
7月より
at 2015-07-04 08:24
時色閉店のお知らせ
at 2015-06-22 00:23
時色予約販売
at 2015-06-20 22:17
時色 予約販売 最終週
at 2015-06-18 09:46

ファン

ブログジャンル

画像一覧